ページの先頭です
ページ内を移動するためのリンクです
サイト内移動メニューへジャンプ
本文へジャンプ
カテゴリ内移動メニューへジャンプ
フッターメニューへジャンプ
ここからサイト内移動メニューです
サイト内移動メニューをスキップしてサイトの現在地表示へジャンプ

「わが国監査報酬の実態と課題」(125)

編集:監査人・監査報酬問題研究会
発行所:日本公認会計士協会出版局
出版社・発売所:日本公認会計士協会出版局

刊行日:平成24年7月30日
定価:3,240円(税込)

1.本書の特色

毎年発刊しております「上場企業監査人・監査報酬白書」2008年~2012年版の5年間分をまとめて分析。監査報酬の現状と今後の課題について解説。

 

2.目     次

第1章 監査報酬の意義

1 監査品質とは何か

2 監査報酬の構成要素

3 監査報酬の分析の必要性

第2章 監査報酬に関する制度

1 監査報酬に関する制度の意義

2 日本の監査報酬に関する制度

3 アメリカの監査報酬に関する制度

第3章 監査報酬の実態調査結果

1 監査人・監査報酬調査の概要

2 日本の監査報酬推移

3 アメリカの監査報酬推移

4 監査報酬の過度な引下げの状況

第4章 監査報酬の実態に関するアンケート調査

1 監査報酬の実態に関する調査の意義

2 調査の方法等

3 調査結果

4 日本の監査報酬の実態に関する意識

第5章 監査報酬研究の状況

1 はじめに

2 海外の研究状況

3 日本の研究状況

第6章 監査報酬研究

1 企業のディスクロージャー姿勢と監査報酬の関係

2 監査人の規模、資本市場及び設立後経過年数と監査報酬の関係

3 わが国における標準監査報酬モデルの検討

4 内部統制の有効性と監査報酬の関係

5 監査事務所の収入に占める監査報酬の割合による影響

第7章 監査報酬の適正化に向けて

 

 

3.規   格  A5判 上製 272頁

書籍をご購入の際は、お近くの書店でお買い求めください。ご不明な点がございましたら、 日本公認会計士協会出版局(03-3515-1124) にご連絡ください。


ページトップへ