ページの先頭です
ページ内を移動するためのリンクです
サイト内移動メニューへジャンプ
本文へジャンプ
フッターメニューへジャンプ
ここからサイト内移動メニューです
サイト内移動メニューをスキップしてサイトの現在地表示へジャンプ

専門情報

監査基準委員会研究報告第2号「金融商品の監査における特別な考慮事項」 の公表について

[掲載日]
2013年09月30日
[号数]
2号

常務理事 住田 清芽

  日本公認会計士協会(監査基準委員会)は、平成25年3月期から適用を開始した監査基準委員会報告書540「会計上の見積りの監査」に基づいた金融商品の監査手続をより適切に行えるよう、国際監査・保証基準審議会(IAASB)が平成23年12月に公表したIAPN1000“Special Considerations in Auditing Financial Instruments”を参考に留意点を取りまとめ、平成25年6月28日から公開草案を公表しておりました。このたび、公開草案に寄せられたコメントを検討し、研究報告として平成25年9月4日の常務理事会で承認を受け公表しましたので、お知らせいたします。

 

  本研究報告の概要は次のとおりです。

・ 本研究報告は、監基報540等に基づき金融商品に関する監査を行う際の実務的な考慮事項を示すものであり、新たな要求事項を設定するものではない。本研究報告では、金融商品に係るリスク及び見積りの不確実性についての評価、並びに開示に関連する監査上の留意点について取り扱っている。

・ 金融機関等の特定の業種の監査のためのものではなく、例えば大量の金融商品取引を行う企業等、金融商品に係る見積りの不確実性が財務諸表に重要な影響を与える企業の監査向けの考慮事項として位置付けられる。

・ 本研究報告において対象としている財務報告の枠組みは、我が国で一般に公正妥当と認められる企業会計の基準だけでなく、米国基準及び国際財務報告基準も含まれている。そのため、財務報告の枠組みにより要求される事項が異なる場合があることを前提としている。

 

  なお、公開草案に対して寄せられたコメントに基づいて、用語の統一や読みやすさの観点から、表現や字句の修正等を行っておりますが、内容の重要な変更を伴う修正はありません。

委員会報告等の詳細な内容をご覧になるには、日本公認会計士協会著作権規約をお読みいただき、当規約にご同意いただく必要があります。

日本公認会計士協会がウェブサイト上で公表する委員会の報告書や実務指針、通達(審理情報、審理通達等)をはじめ、研究報告、研究資料、リサーチ・センター審理ニュース等の公表物の著作権は、日本公認会計士協会に帰属します。

これらの公表物の全部又は一部について、事前に文書によって日本公認会計士協会から許諾を得ることなく、協会編集以外の印刷物、協会主催以外の研修会資料、電子的媒体、その他いかなる手段による場合においても、複製、転載、頒布等を禁じます。

無断で使用した場合は、然るべき法的対応を取ることがありますので、ご注意ください。

同意する

専門情報