ページの先頭です
ページ内を移動するためのリンクです
サイト内移動メニューへジャンプ
本文へジャンプ
フッターメニューへジャンプ
ここからサイト内移動メニューです
サイト内移動メニューをスキップしてサイトの現在地表示へジャンプ

専門情報

監査・保証実務委員会実務指針第84号「中間財務諸表と年度財務諸表との会計処理の首尾一貫性」の公表について

[掲載日]
2011年05月19日
[号数]
84号

 日本公認会計士協会(監査・保証実務委員会)では、平成23年5月17日に開催されました常務理事会の承認を受けて、監査・保証実務委員会実務指針第84号「中間財務諸表と年度財務諸表との会計処理の首尾一貫性」を同日付けで公表いたしましたのでお知らせいたします。

 本指針は、平成21年12月に企業会計基準委員会から公表された企業会計基準第24号「会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」等の適用に対応し、平成22年6月に企業会計基準第12号「四半期財務諸表に関する会計基準」及び財務諸表等規則等の改正が行われたことにより、中間財務諸表と年度財務諸表との会計処理の首尾一貫性について検討を行い、取りまとめたものです。

 本指針の取りまとめに当たっては、3月30日から4月20日までの間、草案を公開し、広く意見を求めております。

 なお、本指針の適用をもって、監査委員会報告第36号「中間財務諸表と年度財務諸表との会計処理の首尾一貫性」は廃止いたしますが、適用初年度においては、第15項ただし書きにご留意ください。

以下のファイルが閲覧・ダウンロードできます

日本公認会計士協会が公表した著作物の転載を希望される方は、転載許可申請書を作成のうえ、協会出版局へご提出ください。
※ 必ず押印のうえ郵送してください。

ADOBE® READER® ダウンロードサイトへ

PDF文書をご覧になるにはAdobe Reader(無料)が必要です。

専門情報