ページの先頭です
ページ内を移動するためのリンクです
サイト内移動メニューへジャンプ
本文へジャンプ
フッターメニューへジャンプ
ここからサイト内移動メニューです
サイト内移動メニューをスキップしてサイトの現在地表示へジャンプ

専門情報

国際監査基準(ISA)等の翻訳完了について

[掲載日]
2015年11月13日
[号数]
IAPN1000,ISAE3000号

 国際委員会

  国際委員会では、諮問に基づき国際会計士連盟(IFAC)の国際監査・保証基準審議会(IAASB)から公表された国際監査基準(ISA)等を翻訳し、会員その他に紹介しているが、このたび下記の基準の翻訳作業が完了したので、報告することとしたい。

  当該翻訳文は順次協会のウェブサイト及び答申等検索システムに掲載し、利用者に対し情報提供を行う。

  なお、会計・監査ジャーナルには、誌幅の制約から翻訳作業完了の告知記事のみを掲載する。

 

 

国際監査実務ノート(International Auditing Practice Note:IAPN)

・IAPN1000「金融商品の監査における特別な考慮事項」

("Special Considerations in Auditing Financial Instruments")

 

[概 略]

  本国際監査実務ノート(IAPN)は、金融商品の監査において、監査実務上の参考とすべき事項がまとめられた実務ノートである。金融商品は企業の規模や業務内容、金融商品の取引量や利用目的等、各種状況が多岐にわたっているがこれら全ての状況を取り扱っている。

  金融商品の監査はISA540「会計上の見積りの監査」、ISA315「企業及び企業環境の理解を通じた重要な虚偽表示リスクの識別と評価」、ISA330「評価したリスクに対する監査人の手続」、ISA500「監査証拠」が特に関連している。これらに関する実務の参考となる事項が当IAPN1000に列挙されている。

  本実務ノートは以下に関し、実務上の支援を行う目的がある。

 

(a)金融商品に関する一般的な情報(第Ⅰ部)

・金融商品を利用する目的とリスク

・金融商品に関する内部統制

・網羅性、正確性及び実在性

・金融商品の評価

・金融商品の表示と開示

 

(b)金融商品に関する監査上の考慮事項(第Ⅱ部)

・職業的専門家としての懐疑心

・監査計画上の考慮事項

・重要な虚偽表示リスクの評価と評価したリスクへの対応

・金融商品の評価

・金融商品の表示と開示

・その他の関連する監査上の考慮事項

 

  また、付録には金融商品に関する内部統制の例示が記載されており、以下の条文が列挙されている。

・企業の統制環境

・企業のリスク評価プロセス

・企業の統制活動

・監視活動

 

 

International Framework for Assurance Engagements(原文公表:2013年12月) 

「保証業務の国際的なフレームワーク」 

 

[概 略]

  「保証業務の国際的なフレームワーク」は、保証業務、国際監査基準、国際レビュー業務基準及び国際保証業務基準(以下、「保証基準」)が適用される業務の要素と目的に係る理解を円滑にする目的で公表されている。

  本フレームワークは基準ではない。従って、監査、レビュー又はその他の保証業務の実施のための何らかの要求事項(基本原則又は必須手続)を設定していない。本フレームワークに係る保証報告書は、業務が本フレームワークに準拠して実施された旨の主張はできず、関連する保証業務基準に言及しなければならない。

  本フレームワークは、基準の体系を規定している。

 

 

International Standard on Assurance EngagementsISAE3000 (Revised), Assurance Engagements Other than Audits or Reviews of Historical Financial Information (原文公表:2013年12月) 

国際保証業務基準3000号「過去財務情報の監査又はレビュー以外の保証業務」 

 

[概 略]

  本国際保証業務基準(ISAE)は国際監査基準(ISA)及び国際レビュー業務基準(ISRE)で取り扱われている、過去財務情報の監査又はレビュー以外の保証業務を取り扱っている。

  保証業務には、業務実施者以外の者が規準に照らして主題を測定又は評価する場合の証明業務と、業務実施者が規準に照らして主題を測定又は評価する場合の直接業務の両方が含まれている。本基準は合理的保証業務及び限定的保証業務の証明業務並びに業務状況に応じた直接業務に対し適用される。

  本基準は、2015年12月15日以降に保証報告書が発行される保証業務から適用される。

 

以  上

委員会報告等の詳細な内容をご覧になるには、日本公認会計士協会著作権規約をお読みいただき、当規約にご同意いただく必要があります。

日本公認会計士協会がウェブサイト上で公表する委員会の報告書や実務指針、通達(審理情報、審理通達等)をはじめ、研究報告、研究資料、リサーチ・センター審理ニュース等の公表物の著作権は、日本公認会計士協会に帰属します。

これらの公表物の全部又は一部について、事前に文書によって日本公認会計士協会から許諾を得ることなく、協会編集以外の印刷物、協会主催以外の研修会資料、電子的媒体、その他いかなる手段による場合においても、複製、転載、頒布等を禁じます。

無断で使用した場合は、然るべき法的対応を取ることがありますので、ご注意ください。

同意する

専門情報