ページの先頭です
ページ内を移動するためのリンクです
サイト内移動メニューへジャンプ
本文へジャンプ
フッターメニューへジャンプ
ここからサイト内移動メニューです
サイト内移動メニューをスキップしてサイトの現在地表示へジャンプ

専門情報

非営利法人委員会報告第36号「消費生活協同組合等の法定監査上の監査報告書の文例について」の公表について

[掲載日]
2010年06月25日
[号数]
36号

常務理事 亀岡 保夫

 日本公認会計士協会(非営利法人委員会)では、平成22年6月9日に開催された常務理事会の承認を受けて、非営利法人委員会報告第36号「消費生活協同組合等の法定監査上の監査報告書の文例について」を同日付けで公表しましたので、お知らせいたします。
 本報告は、平成19年5月の消費生活協同組合法の改正によって、一定の要件を満たす消費生活協同組合等に対して会計監査人による外部監査が義務付けられたことを受けて、法定監査の監査報告書の文例を示したものであります。
 平成22年5月21日付けで「消費生活協同組合法施行規則の一部を改正する省令」(平成22年厚生労働省令第72号)が公表され、これを受けて同日付けで「「消費生活協同組合法施行規則の一部改正に伴う組合の財務処理等に関する取扱いについて」の一部改正について」(社援地発0521第3号 厚生労働省社会・援護局地域福祉課長通知)が発出されています。
 この改正では、施行規則第66条(会計慣行のしん酌)と第150条(組織再編行為の際の資産及び負債の評価)について、次の手当てが行われましたが、本報告はこれらの改正内容を踏まえて取りまとめています。
・ 施行規則第66条関係:施行規則第136条(会計監査報告の内容)と同様に「一般に公正妥当と認められる会計の慣行をしん酌しなければならない。」旨を規定
・ 施行規則第150条関係:消費生活協同組合の合併に際して、いわゆる持分プーリング法を認め、持分プーリング法を適用した場合の注記の内容を規定
 なお、本報告の取りまとめに当たっては、平成22年5月21日付けで公開草案を公表して意見募集を行ったことを申し添えます。

委員会報告等の詳細な内容をご覧になるには、日本公認会計士協会著作権規約をお読みいただき、当規約にご同意いただく必要があります。

日本公認会計士協会がウェブサイト上で公表する委員会の報告書や実務指針、通達(審理情報、審理通達等)をはじめ、研究報告、研究資料、リサーチ・センター審理ニュース等の公表物の著作権は、日本公認会計士協会に帰属します。

これらの公表物の全部又は一部について、事前に文書によって日本公認会計士協会から許諾を得ることなく、協会編集以外の印刷物、協会主催以外の研修会資料、電子的媒体、その他いかなる手段による場合においても、複製、転載、頒布等を禁じます。

無断で使用した場合は、然るべき法的対応を取ることがありますので、ご注意ください。

同意する

専門情報