ページの先頭です
ページ内を移動するためのリンクです
サイト内移動メニューへジャンプ
本文へジャンプ
フッターメニューへジャンプ
ここからサイト内移動メニューです
サイト内移動メニューをスキップしてサイトの現在地表示へジャンプ

専門情報

「監査・保証実務委員会研究報告第26号「年金資産に対する監査手続に関する研究報告」」の公表について

[掲載日]
2013年03月30日
[号数]
26号

常務理事 高橋 秀法

  日本公認会計士協会(監査・保証実務委員会)では、平成25年3月21日に開催されました常務理事会の承認を受けて、監査・保証実務委員会研究報告第26号「年金資産に対する監査手続に関する研究報告」を公表しましたのでお知らせいたします。

  本研究報告は、平成24年5月17日に企業会計基準委員会から、企業会計基準第26号「退職給付に関する会計基準」及び企業会計基準適用指針第25号「退職給付に関する会計基準の適用指針」が公表され、平成25年4月1日以後開始する事業年度の年度末から年金資産の内訳開示が求められることになったことや、投資顧問会社と投資一任契約を結んだ年金基金に関する年金資産の消失事案等を受けて、年金資産に対してより確かな心証を得るための監査手続を取りまとめたものです。また、監査手続をより実効性あるものとするための残高確認書の様式例を掲載しております。

  特に、本研究報告では、実在性及び評価の妥当性の観点から監査リスクが高いと思われる運用対象を「高監査リスク資産」とし、年金資産の中に高監査リスク資産が含まれている場合は、より深度ある監査手続を立案・実施すること、及び、重要と判断した年金資産残高に対しては、確認手続等の実証手続を立案・実施することを記載しております。また、年金資産の内訳開示に係る監査手続については、企業の実情等に照らして、年金資産に係る開示区分等の適切性や開示区分ごとの集計の妥当性の観点から監査手続を検討することを記載しております。

  会員各位におかれましては、本研究報告をご参考にしていただき、年金資産の実在性や評価の妥当性について十分かつ適切な監査証拠を得るため、適切に対応されることを期待いたします。

  なお、本研究報告の取りまとめに当たっては、平成25年2月1日から2月21日までの間、草案を公開し、広く意見を求めております。

委員会報告等の詳細な内容をご覧になるには、日本公認会計士協会著作権規約をお読みいただき、当規約にご同意いただく必要があります。

日本公認会計士協会がウェブサイト上で公表する委員会の報告書や実務指針、通達(審理情報、審理通達等)をはじめ、研究報告、研究資料、リサーチ・センター審理ニュース等の公表物の著作権は、日本公認会計士協会に帰属します。

これらの公表物の全部又は一部について、事前に文書によって日本公認会計士協会から許諾を得ることなく、協会編集以外の印刷物、協会主催以外の研修会資料、電子的媒体、その他いかなる手段による場合においても、複製、転載、頒布等を禁じます。

無断で使用した場合は、然るべき法的対応を取ることがありますので、ご注意ください。

同意する

専門情報