ページの先頭です
ページ内を移動するためのリンクです
サイト内移動メニューへジャンプ
本文へジャンプ
フッターメニューへジャンプ
ここからサイト内移動メニューです
サイト内移動メニューをスキップしてサイトの現在地表示へジャンプ

専門情報

租税調査会研究報告第24号「我が国の消費税の現状と今後の方向性について(中間報告)」の公表について

[掲載日]
2012年05月02日
[号数]
24号

常務理事 勝野 成紀

 日本公認会計士協会は、平成24年4月10日に開催されました常務理事会の承認を受けて「租税調査会研究報告第24号「我が国の消費税の現状と今後の方向性について(中間報告)」」を公表いたしましたのでお知らせいたします。

 本研究報告は、平成23年10月13日付け総23第142号による諮問「我が国の消費税制度の在り方について検討されたい。」に対するものです。

我が国の財政赤字は拡大の一途をたどり、現在一般会計に占める税収の割合は43.2%(平成23年予算第2次補正後)に過ぎず、その比率は毎年低下しております。そのため国債残高も増加を続け、平成23年度末では667兆円に達する見込みであり、さらに、少子高齢化の進行に伴う人口構成の変化と企業の国際的競争力の確保を考えれば、所得課税に依存した現在の税収構造の根本的な見直しは不可避であると考えられます。

このような状況の下、社会保障給付財源の確保と財政再建の同時達成を意図して、「社会保障・税一体改革大綱が平成24年2月17日に閣議決定されました。この「一体改革大綱」には、社会保障制度改革における主たる財源は消費税であり、2014年4月に8%、2015年10月に10%へと段階的な消費税率引上げを行っていくことなどが明記されております。

 そこで、本研究報告では、今後も増加が見込まれる社会保障費とその財源である消費税にどの程度依存するのかというバランスの問題や、複数税率・インボイス方式の導入の可否、事業者免税制度や簡易課税制度における益税の問題等について、諸外国の同様の制度との比較を含め、我が国の消費税の現状と今後の消費税制度の在り方について検討いたしました。

委員会報告等の詳細な内容をご覧になるには、日本公認会計士協会著作権規約をお読みいただき、当規約にご同意いただく必要があります。

日本公認会計士協会がウェブサイト上で公表する委員会の報告書や実務指針、通達(審理情報、審理通達等)をはじめ、研究報告、研究資料、リサーチ・センター審理ニュース等の公表物の著作権は、日本公認会計士協会に帰属します。

これらの公表物の全部又は一部について、事前に文書によって日本公認会計士協会から許諾を得ることなく、協会編集以外の印刷物、協会主催以外の研修会資料、電子的媒体、その他いかなる手段による場合においても、複製、転載、頒布等を禁じます。

無断で使用した場合は、然るべき法的対応を取ることがありますので、ご注意ください。

同意する

専門情報