ページの先頭です
ページ内を移動するためのリンクです
サイト内移動メニューへジャンプ
本文へジャンプ
フッターメニューへジャンプ
ここからサイト内移動メニューです
サイト内移動メニューをスキップしてサイトの現在地表示へジャンプ

IFRS

2016年05月25日 IFRS解釈指針委員会メンバー2名が選任
2016年05月16日 IFRS財団の評議員2名が再任
2016年04月20日 金融庁が金融審議会「ディスクロージャーワーキング・グループ」報告を公表
2016年04月14日 東証が「会計基準の選択に関する基本的な考え方」の開示分析のアップデートを公表
2016年04月14日 IASBがIFRS第15号の明確化に係る修正を公表
2016年04月05日 IFRS財団評議員にGuillermo Babatz氏が任命
2016年04月05日 金融庁が「IFRSに基づく連結財務諸表の開示例」を公表
2016年03月22日 ASBJが修正国際基準公開草案第2号を公表
2016年03月18日 IASB公開草案「投資不動産の振替(IAS第40号の修正案)」に対する意見について
2016年02月26日 FASBがASU「リース(Topic842)」を公表
2016年02月26日 金融庁が2015年に公表されたIFRSを指定国際会計基準に追加
2016年02月26日 IASB公開草案「IFRS実務記述書:財務諸表への重要性の適用」に対する意見について
2016年02月24日 IASBの鶯地理事が再任、Finnegan理事は今期で退任
2016年02月23日 IASB公開草案「IFRSの年次改善2014-2016年サイクル」に対する意見について
2016年02月23日 意見募集「IFRSタクソノミ デュー・プロセス」に対する意見について
2016年02月17日 IASB議長が再任、IASB副議長は今期で退任
2016年02月15日 IASBからの意見募集「2015年アジェンダ協議」に対する意見について
2016年02月08日 IASBが「開示に関する取組み(IAS第7号の修正)」を公表
2016年01月20日 IASBが「未実現損失に係る繰延税金資産の認識(IAS第12号の修正)」を公表
2016年01月20日 IFRIC解釈指針案「法人所得税務処理に関する不確実性」に対する意見について
2016年01月20日 IFRIC解釈指針案「外貨建取引と前渡・前受対価」に対する意見について
2016年01月14日 IASBが新基準のIFRS第16号「リース」を公表
2016年01月07日 IFRS解釈指針委員会のメンバーが再任
2015年12月21日 IASBが改訂基準「IFRS第10号及びIAS第28号の修正の発効日」を公表
2015年12月21日 EFRAGボードが新しいEFRAG TEG議長の指名を決定
2015年12月15日 IASBがIFRS第4号の修正案『IFRS第4号「保険契約」に関連するIFRS第9号「金融商品」の適用』を公表
2015年12月09日 IFRS財団からの意見募集「体制とその有効性に関する評議員会レビュー:レビューの論点」に対する意見について
2015年11月26日 IASB公開草案「財務報告に関する概念フレームワーク」及びIASB公開草案「概念フレームワークへの参照の更新(IFRS第2号、IFRS第3号、IFRS第4号、IFRS第6号、IAS第1号、IAS第8号、IAS第34号、SIC第27号及びSIC第32号の修正案)」に対する意見について
2015年11月24日 IASBが2つの公開草案「投資不動産の振替(IAS第40号の修正案)」及び「IFRS年次改善 2014年-2016年サイクル」を公表
2015年11月02日 IFRS財団が2016年以降のIFRS諮問会議メンバーを任命

IASB(国際会計基準審議会)、及びIFRS(国際財務報告基準)の概要をご紹介します。

IFRS、及びIFRIC(国際財務報告解釈指針委員会)の一覧をご覧いただけます。

公開草案と討議資料に分類された、コメント募集文書をご覧いただけます。

最新のIASB(国際会計基準審議会)プロジェクトの計画表をご覧いただけます。

諸外国での適用事例をご紹介します。

IFRS及びIASのテクニカル・サマリーの翻訳をご覧いただけます。

IFRS関連のジャーナル記事をご覧いただけます。

IFRSの国際的な動向や、我が国での取り組みについてご紹介します。

研修教材リストをご覧いただけます。また、購入ページへのリンクもございます。

  • ※「IFRS」はIFRSの登録商標です。

専門情報

IFRS メールマガジン 登録受付中 研修・講習会のお知らせ IFRSに関する書籍のご案内 IFRSテクニカル・サマリー 日経シンポジウム「グローバル時代の企業価値リポーティング」