ページの先頭です
ページ内を移動するためのリンクです
サイト内移動メニューへジャンプ
本文へジャンプ
カテゴリ内移動メニューへジャンプ
フッターメニューへジャンプ
ここからサイト内移動メニューです
サイト内移動メニューをスキップしてサイトの現在地表示へジャンプ

公認会計士の魅力を紹介します!

経済のあるところには会計があり、会計があるところには監査がある。
会計・監査のプロフェッショナルである公認会計士の仕事の魅力は、応用範囲が広く、
経済社会のあらゆるシーンで力が発揮できることです。

グローバルに活躍する、経営者のパートナーになる、ベンチャー企業を公開させる、ベンチャー企業を立ち上げる・・・
プロフェッショナルとして社会に貢献し、自らの人生も大きく切り拓いていきましょう。

監査法人でグローバルに活躍

勢濃 祥央(監査法人勤務)

横浜国立大学経済学部卒業。06年監査法人入所、国際部を経て14年からシンガポールのグループファームに出向

企業のグローバル化に伴い、企業の海外進出や会計の国際化が進んでいます。それに対応するために、海外勤務経験があり、世界で通用する専門性と柔軟性を持ち合わせた公認会計士が求められています。

30代のうちに一度は海外勤務を経験したいという漠然とした思いはありました。入社8年目にそのチャンスが巡ってきて、迷わず挑戦しました。現在、2年間の予定でシンガポールに赴任中で、日系企業と外国・ローカル企業の監査をほぼ半々ずつ担当しています。日系企業では、日本人の社員からの相談を受けたり、要望に応じて情報収集や資料作成を行ったりもしています。

公認会計士の魅力に、業務を通じて多くの人と情報に接することができる点が挙げられますが、海外勤務ではそれがより広がることを実感しています。考え方や文化、ルールの違いからうまくいかないこともありましたし、それほど得意でなかった英語の習得にも苦労しましたが、会計や監査の基準という共通言語を通して議論をすることでより理解が深まるなど、日本では得難い充実感もあります。

公認会計士には、監査法人の勤務であっても2、3年ごとにステップアップの機会があって、そうした環境の変化や多様性は非常に刺激的ですし、やり甲斐にもつながります。シンガポールでの勤務を通じて、他国の文化・規制などを幅広く理解し、これまでと違った視点を持つことができました。この経験を活かして、クライアントからの要望により幅広く、柔軟に対応できる公認会計士になりたいと思っています。

ビジネスアドバイザリー

尾﨑亮一(監査法人勤務)

関西学院大学文学部卒業、10年監査法人入所、監査部門を経て14年よりアドバイザリー業務に従事

クライアントが直面する課題やニーズに対して、解決策を提案・実行していくのがアドバイザリー業務です。プロジェクトごとに状況が異なるため、業種や業務に応じた専門知識と創造力が求められます。

監査法人入所時は特定の分野に強くなりたいと思っていました。実際に働いてみて、守備範囲の広さが会計士の魅力なら、自分も幅広くキャリアを積みたいと考えるようになり、ファーム内の部署異動制度を利用してアドバイザリー部門へ異動しました。

アドバイザリー部門では、主に規制対応アドバイザリー業務を担当し、規制の理解・分析力が要求されます。そのため、規制条文を日々読んで業務への影響を理解しておく必要があります。また、公表直後の規制内容には論点が多く、どこにも答えのない問題も少なくありません。そうした状況で、チームメンバーやクライアントと協同し、情報を集め、最適な解を探していくプロセスに、とてもやり甲斐を感じています。また、手順書通りに遂行するのではなく、手順書自体を作り上げていく点も、この業務ならではの魅力です。

監査業務を通じて、資料を批判的に検討する職業的懐疑心が身に付きました。常に疑問を持って接するというこの姿勢は、今のアドバイザリー業務にも役立っており、公認会計士として保持し続けたいと考えています。国際金融規制対応という業務の性格上、今は多様なバックグラウンドを持つ優秀なメンバーに囲まれて働いています。各メンバーの長所を可能な限り吸収し、さらにプロジェクト管理能力や英語力なども身に付けて、状況の変化に対応できる会計士になりたいと思っています。

組織内会計士

石田友梓(事業会社勤務)

慶應義塾大学経済学部卒業、04年監査法人入所、09年に渡米、現地企業2社を経て15年に帰国、家電メーカーで財務報告、内部統制などを担当

企業や官公庁など、公認会計士の専門的な知識・経験・判断力が必要とされる場面は増える一方です。IPOやM&A、資金調達など企業の経営に近い部門で、またはCFOとしての活躍に期待が寄せられています。

現在は、月次や四半期ごとの決算レポートの作成、親会社からの問い合わせへの対応などを担当しています。経理や決算業務の責任者を務めたときは、監査法人と違ってメンバーの知識レベルもバラバラなので、それをまとめる力が求められました。また、かつてとは逆に外部監査に対応する立場となり、財務報告は作るのと見るのでは視点が異なってくること、監査を受ける側も資料の準備などが大変なことを実感しています。企業の中で働くことには、管理会計なら数値データを使って経営陣や営業部署の活動に直接貢献できる、内部統制なら改善策を通じて会社のオペレーション改善という成果が見える、そういう魅力ややり甲斐があります。

会計や監査は、国や会社の業態にかかわらず、どこでも通用するスキルであり、公認会計士という資格によって選択肢や可能性は大きく広がります。また、女性にとっては、様々なライフイベントに応じて働き方を変えられるのも魅力です。私自身、この資格があれば、多少のインターバルがあってもキャリアに支障はないと考え、監査法人を退職してアメリカに留学しました。在米時にはアメリカやメキシコ、今はシンガポールや中国のメンバーとのやりとりを経験していますが、仕事の進め方やコミュニケーションのとり方はそれぞれに異なるので、新たな発見があります。将来は、どこの国でも通じる会計のプロフェッショナルになりたいと思います。

株式公開支援

加藤景香(監査法人勤務)

愛知淑徳大学ビジネス学部卒業、10年監査法人入所、監査部門で上場会社の監査業務を経て、株式公開支援業務に従事

株式公開に向けてスケジュールを立て、証券会社なども交えて必要な準備や手続きを進める支援を行います。経営管理体制を上場企業で必要とされる基準や水準に改善していくためのアシストやアドバイスも求められます。

上司に声をかけていただき、入社4年目から上場準備会社の監査を担当するようになりました。上場会社と異なり、税務ベースの会計処理を会計基準に従ったものにする、内部統制の整備・運用についてアドバイスをするといった指導業務も多くなりますが、金商法・会社法の監査現場で経験を積み、あるべき形を学んできたからこそ、そうした業務にもあたれていると感じています。若手でも専門家として接してもらえるのは、公認会計士の魅力であり、やり甲斐だと思います。

株式公開を目指す会社には、社長や社員の年齢が比較的若いベンチャー企業が多く、上場という一つの目標に向かって一緒に頑張ろうという気持ちが自然と湧いてきます。設立間もない会社がどのようなビジネス戦略で成長していくかを間近で見られるのも、とても勉強になります。また、上場に向けては証券会社との打ち合わせやスケジュールのやりとりなども必要になりますが、金商法監査では経験しなかったことで、とても新鮮に感じています。

監査法人でリクルーターや事業部内のナレッジメンバー、監査手続きの講師などを経験してきた中で、会計士としての業務にいろいろな選択肢があることを知り、何かに特化していることもプロフェッショナルの要素と感じるようになりました。今後は監査以外の業務も手がけて様々な経験を積み、自分の得意なこと、好きなことを極めたプロフェッショナルを目指したいと思います。

監査

幸喜竜一(監査法人勤務)

埼玉大学経済学部経営学科卒業、12年監査法人入所、監査部門で監査業務に従事

経済・企業活動のグローバル化に伴い、国際財務報告基準(IFRS)や国際監査基準(ISA)など、会計の基準も国際化が進んでいます。企業がそれに対応していくには、公認会計士の指導やアドバイスが欠かせません。

現在の業務の中心は会計監査です。会社の会計や運営方法には、経営者の考え方が反映されます。経営に興味があるので、会計監査を通じて会社の内部統制や意思決定の過程を知ることができ、財務諸表を見ていく中で会社経営を肌で感じられる点に魅力を感じています。会社の経営者や財務部長からするとまだ若造ですが、ときには第三者の立場で厳しいことを言わなければなりません。そういう部分にも責任感とやり甲斐を感じています。繁忙期には体力的にも精神的にもハードな部分はありますが、それを乗り切って監査意見が出たときの達成感も大きく、チームの結束力も強まります。

現在、専門商社、アパレル小売業、食品卸、建設業など年間11社ほどを担当しています。会社の色はそれぞれ違いますし、専門用語も異なるので、日々情報を集めて知識をアップデートし、経済感覚を養うようにしています。

公認会計士を志したのは、会計のプロとして、会社経営者の相談役として、会社経営に携われることに魅力を感じたからです。出身は沖縄なので、将来は現地の多くの中小企業を元気にし、地域経済の発展に寄与できる会計士になりたいと思っています。第三者の目線で中小企業の経営課題に対して有益なアドバイスができるように、会計監査はもちろん、税務やコンサルティングなどの経験も積みたいと思っています。

独立開業

小駒望(会計士事務所勤務)

中央大学商学部卒業、06年監査法人入所、投資ファンド運営会社、会計事務所を経て、10年会計士事務所を設立

独立開業した公認会計士には、多様な業種・規模の中小企業などから経営管理、会計、税務、内部統制などにおいて、良きアドバイザー、パートナーとしてのサポートが求められています。

公認会計士の魅力は、資格に基づいて女性でも自分の名前で仕事を受託し、サービスを提供できることだと思います。企業の命運を決める場面もあり、責任は重いですが、その分やり甲斐もあります。私自身、監査業務からバイアウトファンド、会計業務を経て独立開業しましたが、今後また組織に入ることも可能ですし、業務の選択肢の幅が非常に広く、大きな可能性を手にできる資格と言えます。

個人事務所では現在、法人と個人に対する税務・会計支援をメインに、保証業務や事業譲渡・合併のアドバイザリー、株価算定や事業計画作成支援などのコンサルティング業務も手がけています。携わる業務が変わり、監査法人時代に比べて、自分が人の役に立っていると実感できる場面が多くなりました。また、独立すると、働く時間を自分の裁量で決められるので、勉強の時間を作り出せ、仕事とプライベートのバランスもとれるようになりました。

現在出産を控えていますが、出産後はすぐに復帰する予定です。インターネット環境があれば大半のことはできますし、スタッフをはじめとする周囲の方々のサポートを得ながら、お客様へ提供するサービスの品質を落とすことなく、育児と仕事をしっかりこなしていくことがこの先数年の目標です。